東京大学大気海洋研究所・国際沿岸海洋研究センター

メンバー紹介

  • 福岡拓也
  • 福岡拓也 Takuya FUKUOKA

    沿岸海洋社会学分野 特任研究員

    ウミガメ・混獲調査・バイオロギング・生態

南国の生き物というイメージが強いウミガメが東北地方の海にもやってきていることに面白さを感じ、地元漁師に協力してもらいながら、いつ・どんな種類・成長段階のウミガメが・どれくらいの数やってきているのか調査しています。また、小型の記録計を装着して行動を調べるバイオロギング手法によって、ウミガメ類がどのようにして餌を食べたり、海洋ゴミを飲み込んだりしているのかについても調べています。

スーパーに並んでいる魚介類以外にもいろいろな生き物が三陸の海を利用していることを地域の小・中・高校生たちに伝えることで、少しでも海に興味を持つ若い世代を増やすことに貢献したいと考えています。