東京大学大気海洋研究所・国際沿岸海洋研究センター

メンバー紹介

海洋物理学によって、海洋循環(海水の流れや、流れによって運ばれる物質の循環像)を調べています。現場観測と数値シミュレーションの両面から、地球流体力学の視点も重視して研究しています。
海水の流れは沿岸域の高い生物生産性を支えており、現場の漁業関係者とも連携しながら研究しています。地域社会とともに地域密着型の(ローカル)研究をすることは、 実は新しい海洋物理学を切り拓くことになり、その結果、世界の先端に立って(グローバル)サイエンスを実践することに繋がっています。