東京大学大気海洋研究所・国際沿岸海洋研究センター

研究教育活動

大学院に進学希望の方へ

 国際沿岸海洋研究センター所属の教員は、東京大学 大学院新領域創成科学研究科もしくは農学生命科学研究科の担当教員として、大学院生の教育に携わっています。

 進学方法の詳細については大気海洋研究所の「進学希望者向けページ」を参照して下さい。

センター所属の研究者による教育研究活動

沿岸生態分野

 沿岸の高い生物生産性と多様性を下支えする海流や潮流の実態、およびその作用機構を解明します。気象や気候、地史的側面からの研究も行います。

沿岸保全分野

 沿岸域における生物の生活史や行動生態、物質循環に関する研究を行うと共に、国際的ネットワークを通じて総合的沿岸保全管理システムの構築を目指しています。

生物資源再生分野(分野ホームページ

 2011年3月11日に発生した大地震と大津波が沿岸の海洋生態系や生物資源に及ぼした影響、および攪乱を受けた生態系の二次遷移過程とそのメカニズムを解明します。

沿岸海洋社会学分野

 リアス海岸における比較沿岸海洋学といった新たな研究アプローチ、海洋環境と沿岸社会の関係性を探る人文・社会科学的研究を展開していき、海をベースとしたローカル・アイデンティティ再構築による地域再生の基礎づくりを目指します。

地域連携分野

 世界各国の沿岸海洋に関する諸問題について、国際機関や各国研究機関との共同研究の実施及び国際ネットワークによる情報交換により研究者のみならず政策決定者、市民等との連携を深めることにより解決を目指しています。

共同利用・共同研究拠点

 大気海洋研究所は、大気海洋科学の基礎的研究を行うことを目的とした全国の研究者のための共同利用・共同研究拠点として、文部科学大臣より認定を受けています。国際沿岸海洋研究センターには、所内外の研究者が岩手県大槌町に滞在して研究活動を行う外来研究員制度があります。また、比較的少人数による研究集会の公募を行っています。

 共同利用・共同研究拠点としての大気海洋研究所が行う陸上研究施設や学術研究船を用いた所外研究者の共同利用・共同研究および研究所内の研究に関する支援を行うとともに、新たな技術の導入・開発及び研究施設等の管理・運用等を行うことを目的として、2010年に研究所内の技術職員と研究支援員を集結して共同利用共同研究推進センターが設立されました。沿岸研究推進室、陸上研究推進室、観測研究推進室の3室と、研究航海企画センターの4組織から構成されています。沿岸研究推進室は、岩手県大槌町にある国際沿岸海洋研究センターにおいて、調査・研究のサポートを行います。