本文へスキップ
English / Japanese

大学院に進学希望の方へ


 国際沿岸海洋研究センター所属の教員は、東京大学 大学院新領域創成科学研究科もしくは農学生命科学研究科の担当教員として、大学院生の教育に携わっています。

 進学方法の詳細については大気海洋研究所の「進学希望者向けページ」を参照して下さい。

 国際沿岸海洋研究センターの担当教員紹介パネルもご覧下さい。 

センター所属の研究者による教育研究活動


沿岸生態分野
 三陸沿岸域における海象・気象の変動、海洋循環に関する研究を行うと共に、沿岸生態系研究に関する国際共同研究体制の構築を目指しています。
 ・教授(併任):道田 豊【気象・海象の変動特性に関する研究】
 ・准教授:田中潔【沿岸海洋循環、海洋物質循環、海洋力学】
 ・特任准教授:西部裕一郎】
 ・助教:白井厚太朗【生物起源炭酸塩による古環境・古生態復元】

沿岸保全分野
 沿岸域における生物の生活史や行動生態、物質循環に関する研究を行うと共に、国際的ネットワークを通じて総合的沿岸保全管理システムの構築を目指しています。
 ・教授:大竹二雄【通し回遊魚の初期生活史に関する研究】
 ・准教授:佐藤克文【海洋高次捕食動物の行動生態研究】
 ・助教:福田秀樹【生元素の動態に関する研究】  

生物資源再生分野
 大地震と大津波が東北太平洋沿岸の海洋生態系や生物資源に及ぼした影響、および攪乱を受けた生態系の二次遷移過程とそのメカニズムを解明することを目指しています。
 ・教授:河村知彦【海洋生態学、水産資源学、水産増殖学】
 ・准教授:北川貴士
 ・助教:早川淳
 ・特任助教:広瀬雅人

共同利用・共同研究拠点


 大気海洋研究所は、大気海洋科学の基礎的研究を行うことを目的とした全国の研究者のための共同利用・共同研究拠点として、文部科学大臣より認定を受けています。国際沿岸海洋研究センターには、所内外の研究者が岩手県大槌町に滞在して研究活動を行う外来研究員制度があります。また、比較的少人数による研究集会の公募を行っています。

 共同利用・共同研究拠点としての大気海洋研究所が行う陸上研究施設や学術研究船を用いた所外研究者の共同利用・共同研究および研究所内の研究に関する支援を行うとともに、新たな技術の導入・開発及び研究施設等の管理・運用等を行うことを目的として、2010年に研究所内の技術職員と研究支援員を集結して共同利用共同研究推進センターが設立されました。沿岸研究推進室、陸上研究推進室、観測研究推進室の3室と、研究航海企画センターの4組織から構成されています。沿岸研究推進室は、岩手県大槌町にある国際沿岸海洋研究センターにおいて、調査・研究のサポートを行います。

東北マリンサイエンス拠点形成事業


 文部科学省の海洋生態系研究開発拠点機能形成事業費補助金制度により、「東北マリンサイエンス拠点形成事業」が2012年1月より始まりました。

 東京大学大気海洋研究所では、国際沿岸海洋研究センターを研究拠点としてチーム「プロジェグランメーユ」を立ち上げました。 三陸沿岸海洋の物理・化学的環境と生物動態について総合的に調査研究し、海洋生態系の変動メカニズムを解明することで、漁場の設定や資源量予測に資する科学的知見やデータを提供することを目指しています。


東京大学大気海洋研究所
国際沿岸海洋研究センター

〒028-1102
岩手県上閉伊郡
 大槌町赤浜2-106-1

電話:0193-42-5611
FAX:0193-42-5612



フェイスブック

大槌湾海洋環境 データ配信

パソコン用
携帯電話用


センター刊行 英文査読誌


海の勉強室(町広報連載)


東京大学大気海洋研究所
東北マリンサイエンス拠点
形成事業



センター担当教員紹介
進学希望の方へ (詳細)


東京大学大気海洋研究所